黒沢那智 お義母さんの巨乳を鷲掴みしながら狂ったように高速ピストンする変態義義兄


父さんが亡くなってから女手一つで僕を育ててくれた母さん。働き者で、優しくて、めっちゃキレイで。いつしか僕はそんな母さんのことが好きになっていった。母さんを見ていると、胸が熱くなって、同時に僕のアソコも硬くなってしまう。初めての人は絶対母さんだって密かに思い描いていた僕は、あることをきっかけに母さんに迫った。「あなたの母親なのよ、ダメっ…」抵抗する母さん。それでも僕は…。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加